フォトフェイシャルによるニキビ跡治療

自分でいろんな対処を頑張ってみても
ニキビ跡が改善できない
という場合は、美容外科や美容皮膚科などの、

 

「美容のプロ」の手を借りてみるのもひとつの手です。

 

美容外科や美容皮膚科で、
ニキビ跡治療に大活躍しているのが、
「フォトフェイシャル」です。

 

ここでは、フォトフェイシャルの概要や効果等についてご説明しましょう。

 

 

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルは、よくレーザー治療と混同されることがありますが、
実はその内容はちょっと違います。

 

まず、レーザー治療というのは簡単に言えば
「単一の光を、ピンポイントで当てる」というもの。

 

ピンポイントである分、照射部分には高い効果が期待できるのですが、
肌刺激の度合いも強く、照射時には多少の痛みもともないます。

 

また、レーザーを照射した箇所はしばらくかさぶたや色素沈着が残り、
それがおさまるまでには数週間かかる、という欠点もありました。

 

これに対してフォトフェイシャルは、特殊な波長を持った複数の種類の光を使います。
どの光をどれだけ使うかは、それぞれの症状にあわせて医師が調整します。

 

 

顔全体に一気に照射できることと、肌にかける負担がレーザーよりもずっと少なく、
施術後すぐに洗顔・メイクができるということが大きな強みです

 

 

レーザーのようにピンポイントで狙い撃ちするわけではないので
「ピンポイントで見た場合の作用」は少し落ちるかもしれませんが、

 

顔全体をケアできることで「気になるニキビ跡だけでなく、シミやそばかす、
毛穴の開きも改善できた」など、複数の肌の悩みを一気に改善に向かわせることが可能なのも、フォトフェイシャルの見逃せないメリットですよ

 

 

フォトフェイシャルがニキビ跡治療に効果的な理由とは

ではなぜ、「顔に複数の光の組み合わせを当てるだけ」のフォトフェイシャルが、
ニキビ跡治療に効果的なのかというと・・・

 

 

このフォトフェイシャルの光は特殊な波長を持っており、
それが「真皮層の肌細胞を活性化させ、コラーゲン生成をうながす」
などという作用を持っているからです。

 

 

スキンケア用品の美容成分などは、
浸透力の高いものであっても角質層内まで浸透させるのが精一杯なのですが、
フォトフェイシャルの光の作用はそれより奥に届くわけです。

 

 

光の影響が肌の奥まで届くことで「肌の内側からの改善」を目指せる、というわけですね。

 

エステでのフォトフェイシャル

フォトフェイシャルといえば、美容外科や美容皮膚科だけでなく、
エステでもおこなわれていますよね。

 

では、どちらでやるのがおすすめなのかというと・・・

 

効果重視なら、やはり美容外科や美容皮膚科でやってもらうほうがおすすめです
なぜかというと、フォトフェイシャルというのは、本来は「医療行為」なので、法的な原則から言えば「エステではやってはいけないこと」なんですよね。

 

ですが実際に多くのエステでこれが事実上黙認されているのは、
美容外科や美容皮膚科のフォトフェイシャルと比べて、出力が弱いからです。

 

 

 

出力が弱い状態では、当然、フォトフェイシャルの効果そのものも弱まってしまいますので、
高い効果を得たいなら美容外科や美容皮膚科を選ぶのが正解、というわけなのです。

 

 

 

では、エステでのフォトフェイシャルは価値がないのか、
というと、そうでもありません。

 

 

 

エステでのフォトフェイシャルは美容外科や美容皮膚科よりも安くつくケースが多いですし、
営業時間に関しても「夜遅くやっている」というのはやはりエステのほうですから、
利便性は高いと言えるでしょう。

 

 

 

フォトフェイシャル1回あたりの効果が弱くても、
コストと利便性のメリットがあったほうがいい、

 

 

と考える人であれば、エステのフォトフェイシャルを選択肢に入れるのも「アリ」だと思います。

 

フォトフェイシャルを考える前に試してみたい化粧水