MENU

ニキビ発生を抑えるための生活改善のポイント

ニキビ発生を抑えるための生活改善のポイント
ニキビ発生を抑えるために、日々の生活でどんなことに気をつければいいのか・・・

 

ここではそれについてお話ししましょう。

 

質のいい睡眠を、しっかりとろう

ニキビ発生を抑えるために不可欠なのが、
「健康的な肌のターンオーバー」を実現させることです。

 

そして、肌のターンオーバーの質に大きく関わってくるのが「睡眠」です。なぜなら、肌のターンオーバーは、そのほとんどが睡眠時におこなわれますからね。睡眠時は「心身の修復・再生のための時間」なのです。

 

このターンオーバーを健康的な状態に保つには、「0時〜3時」の間にぐっすりと眠っておくことが不可欠ですできるかぎり、この時間帯は眠るように心がけましょう

 

また、1日の睡眠時間は、6時間はとりたいものです。
さらに理想を言うなら、7時間〜7時間半あればベターですよ。

 

寝つきを良くするために、就寝30分前からはスマホや携帯・パソコン・ゲームから離れ、静かにゆっくりと過ごして心身をリラックス状態にしておきましょう。足首から足先までを温めた状態にしておくと、さらに寝つきが良くなりやすいですよ。

 

「ニキビ製造機」のタバコは、1日でも早くやめよう!

タバコというのは、「ニキビ製造機」と言っても過言ではないくらいの存在です。なぜかというと・・・こんな悪影響があるからなんですよ。

 

活性酸素を大量発生させてアクネ菌の増殖に手を貸す。
血行を悪くして肌への酸素・栄養補給を不十分にし、
ターンオーバーを邪魔する。
タバコの煙に含まれる有害物質がビタミンや栄養素を破壊する。
(特に、美肌に不可欠のビタミンCがもっとも破壊されやすい。)

 

いかがですか。もう、見ただけでぞっとするほどに、悪影響が多いですよね。
実際、喫煙習慣があった人が禁煙を実践しただけで、ニキビが減ったという話もよくあります。ニキビ抑制のため、健康のため、タバコは1日でも早くやめましょう。

 

お酒は適量をほどほどに

過度の飲酒は「アルコール分解時にビタミンが消費される」「アルコールの作用で味の濃いおつまみばかりを食べたくなるので、栄養バランスが崩れる」などといった理由で、ニキビ発生を誘発する原因となります。

 

1日につき、普通サイズの缶ビールや缶チューハイ1本、あるいはワインをグラス1杯、くらいの飲酒なら問題ないのですが、過度の飲酒はやめるようにしましょう。

 

飲み会など、どうしてもアルコール摂取量が多くなってしまう時は「おつまみだけでなく、野菜のおかずもしっかり食べる」ということを意識し、さらに帰宅後は
マルチビタミンサプリを飲むなどして、
少しでも「アルコール分解時の体内ビタミンの減り」をカバーしてあげましょう。