ニキビ跡を改善するための洗顔とは?

洗顔は「汚れを落として、きれいな状態にして肌の新陳代謝をうながす」という点で不可欠な存在です。

 

ですが間違った洗顔をしてしまうと、
肌の乾燥トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

そして、ニキビの発生・ニキビ跡悪化に繋がります。

 

「汚れだけを効率的に落として、うるおいは残してぷるぷる肌実現につなげる」
という理想的な洗顔を、マスターしていきましょう。

間違った洗顔をしてしまうと、
肌の乾燥トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

そしてなによりニキビの発生・ニキビ跡悪化に繋がります。

 

「汚れだけを効率的に落として、
ニキビ跡改善につなげる」

 

という理想的な洗顔を、マスターしていきましょう。

選んではいけない洗顔料

まずは洗顔料選びから見ていきましょう。
ニキビ・ニキビ跡を悪化、発生させない為に、
「選んではいけない洗顔料」は、以下のとおりです。

 

スクラブ入り洗顔料
泡で出てくる洗顔料
しっとりタイプの洗顔料

では、おすすめの洗顔料は何がいいのかというと・・・

「スクラブ」「泡タイプ」「しっとり」がダメとなれば、
「スクラブの入ってない、ごく普通のさっぱりタイプの洗顔フォームがいいのかな」と思うでしょう。

 

もちろん、それも悪くない答えなのですが、実はそれよりもさらにおすすめの洗顔料があります。

 

それは・・・固形石けんです

 

固形石けんというのは、
古くから「汚れを落とすためだけ」に作られてきた
シンプルな処方だけに、余分なものがあまり入っていません。

 

さらに石けんというのは、
これまで肌トラブルになることが少ないからこそ、
ずっと人々に愛用されてきたという、大きな実績を持っています。

 

つまり「肌に対する安全性」の点でもすぐれている、ということですね。

ニキビ跡に悩んでいる方に最適な洗顔料TOP3

 

Non A(ノン・エー)の特徴

見た目は普通の石鹸となんら変わりはありませんが、
ニキビの炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」を配合。

ニキビ・ニキビ跡の改善はもちろん
ニキビが出来にくい肌に生まれ変わらせてくれます


ニキビに悩む7万人以上の人達の意見を分析し、
「本当にニキビの治る石鹸」を目標に開発された

ニキビ・ニキビ跡対策専用のおすすめ薬用石鹸です

価格 2,940円
評価 評価5
備考 製造が間に合わず「お一人様3個」まで
Non A(ノン・エー)の総評

全額返金保証付!そして今なら初回者限定特典付き!(泡立てネット・保湿剤・ローション)

 
 

どろあわわの特徴

どろあわわをご存知でしょうか?

固形石鹸ではないものの、今この洗顔料が
多くの美容雑誌やテレビCMで話題となっています。

人気の秘訣は「ふわふわ」「もちもち」の泡に加え、
マリンシルトと呼ばれる沖縄の「奇跡の泥」のW効果で、
ニキビの元となる毛穴の汚れを根こそぎ落としてくれます。

また、ニキビの炎症などを抑えるだけでなく、
美肌効果も期待できるとして注目されています。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 定期コースの場合初回半額1,490円
どろあわわの総評

あのタレントさんも愛用中!定期コースは選べる2タイプ!(お得な方を自分で選べる)

 
 

ペネロピムーンの特徴

900種類の和漢植物エキスから、
厳選されたモノだけを配合された「ペネロピムーン」

汚れを落とすタイプの石鹸とは違い、
肌が本来持つ機能回復効果の高い石鹸とされています。

植物エキスが主成分なので肌に優しく、
肌の機能を回復させてニキビのできにくい肌を実現。

肌トラブルの多い方にはコチラがおすすめです。

価格 3,800円
評価 評価4
備考 定期コースはありません。
ペネロピムーンの総評

初回トライアルセットはなんと500円!返金保証はありません

 

洗顔方法のポイント

ぷるぷる肌につなげるための洗顔方法のコツは、

 

「清潔な洗顔ネットで、コシのあるきめ細かい泡を作り、
その泡で素早くやさしく洗い上げる」ということです。

 

泡洗顔は泡がクッションとなって摩擦が起きないので
肌への負担が軽いと言われます。

 

ですがあまりしつこく泡洗顔をしていると、
泡が汚れだけでなく必要なうるおいまで吸い取るように奪ってしまいます。

 

@皮脂が多い所は少し念入りに

Tゾーン・小鼻・あごなど、皮脂が特に多いところだけ少し念入りに
「小刻みに手を震わせるような感じでの泡マッサージ」をします。

 

Aデリケート部分は素早く

つるっとして汚れ落としが容易な頬や、
皮膚が薄くてデリケートな目元口元については、ササッと済ませましょう。

 

Bぬるま湯ですすぎましょう

最後に、髪の生え際部分などに洗い残しがないかチェックしたら、
36〜38度のぬるま湯ですすぎます。

 

この時、間違っても「シャワーの湯を直接顔に当てる」というようなすすぎ方はしないで下さい。
角質が水分でふやけた肌に、シャワーによる勢いあるお湯をかけるのは、刺激が強すぎます。

 

手でお湯をすくって、やさしくすすぐのが正解ですよ。
すすぎが終わったら、生え際やあご周りなどに、すすぎ残しがないかどうか、鏡でチェックしておきましょう。

スクラブ・泡で出てくる洗顔料・しっとりタイプがいけない理由

スクラブ入り洗顔料

まず、スクラブ入りの洗顔料がダメな理由は、
なんといっても「スクラブが肌にこすれて、刺激になってしまうから」ですね。

 

特に、毛穴の汚れが気になる人はスクラブを肌に押し付けるようにする傾向が強いのですが、
そのことによる肌へのダメージは相当なものとなってしまいます。

 

そもそも、毛穴の汚れをスクラブでうまくかき出す、
などというのは、実際にはきちんとできるものではありませんよ。

 

泡で出てくる洗顔料

次に、泡で出てくる洗顔料がなぜダメなのかと言うと、
これは「泡で出てくる洗顔料の大半は、ゆるくてコシがなく、きめの粗い泡しか出てこない」
「最初から泡で出すために、強力すぎる洗浄成分を使っているものも多い」

 

という2つの問題があるからです。

 

ゆるくコシがない泡で洗顔しても、泡洗顔として理想的な洗顔はできませんし、
その上、もしその洗顔料が強力すぎる洗浄成分を使っていたとしたら、
その成分による肌への負担も心配になってくるのです。

 

しっとりタイプの洗顔料

そして最後に、しっとりタイプの洗顔料を選んではいけない理由は、
「しっとり成分によって、顔に薄い油膜を残してしまう可能性があるから」です。

 

しかもその油膜は、多くの場合、皮脂とは違う、合成の油膜。

 

こんなものが肌についてしまっては、
スキンケアの際の美容成分の浸透をジャマしてしまう可能性があるのです。

 

また、「洗い上がりがスッキリしない」ということで、
メイク汚れなどの「本来の油汚れ」を落としそこねても、気付きにくいという欠点もありますよ。