ぷるぷる肌にするためのクレンジング

クレーターなどの、ニキビ跡を目立たなくさせるためには、保湿等のケアをしっかりとおこなって、
「肌に弾力をつけて毛穴そのものを目立たなくさせる」というのが効果的なのですが、

 

その「ぷるぷる肌実現」のプロセスにおいて、
大きな障壁となってしまう可能性があるのが、クレンジングなのです。

クレンジングは肌に負担をかけやすい

クレンジングというのは、
実はかなり肌に負担がかかる行為なんですよ。

 

そもそも「普通に洗顔するだけでは落ちないメイク汚れ」
を落とすためのものですからね。

 

極端な話をすれば、頑固な油汚れに強い「台所用洗剤」を肌につけるのと大差ない、と考えて下さい。

 

それ故に、クレンジング選びを間違えるとニキビを改善するどころか、
ニキビの発生・悪化を促してしまうことになるのです。

 

クレンジングは洗剤のように泡立ちはしないので、
あまり「強力な洗浄力がある」というイメージがないのですが、実は予想以上に強力に、
メイクの油分だけでなく、必要な皮脂のうるおいまで奪い去ってしまう性質を持っているのです。

 

というわけでニキビ・ニキビ跡に悩んでいる方は以下のクレンジング剤はおススメできません。

合成界面活性剤の配合率が高いクレンジング剤。

(皮脂の潤いを奪い去ってしまいます)

オイルタイプのクレンジング剤はあまりおススメできません。

(ニキビの発生・悪化の原因となりやすいです。)

ふき取りタイプのクレンジングも絶対に使わないこと。

(摩擦の刺激が強いだけでなく、メイク汚れを毛穴に押し込んでしまう可能性もあります。)

 

それではどんなクレンジング剤をえらべばいいのか?

 

ニキビ・ニキビ跡を改善する為のクレンジングで大切になってくるのは、
「メイク汚れは浮かせつつ、必要な皮脂までは落とさないようにする」ということです。

 

そこで最も理想的で効果の高いクレンジング剤をランキング形式にまとめてみました。

ニキビ・ニキビ跡に悩む人が使うべきおすすめクレンジング剤TOP3

 

maNara ホットクレンジングゲルの特徴

マナラは今話題の「美容液クレンジング」です。

クレンジングにも関わらず、
成分のほとんどが美容成分でしかも無添加
石油系界面活性剤不使用なので潤いはそのままです。

お肌に負担をかけないどころか、
メイクを落としながらニキビケア出来てしまうのが魅力


敏感肌の方にも使える肌に優しいクレンジングで、
毛穴詰まりや黒ずみが気になる方にもおススメです。

価格 4,104円⇒2,990円
評価 評価5
備考 通常4,104円が今なら無条件で特別価格の2,990円で購入できます。
maNara ホットクレンジングゲルの総評

45日間の全額返金保証付き!特別価格は初回購入者限定に限ります。

 
 

ORBIS クレンジングリキッドの特徴

オイルタイプのクレンジングは
ニキビの発生や悪化の原因になることもあります。

ORBISのクレンジングリキッドは
オイル100%カットのノンオイルクレンジングです

そしてニキビの原因となるコメド(角栓)を防ぐ事が証明される
審査の厳しいノンコメドジェニックテストに合格しています。

ORBISの中でも一番の売り上げを誇りると同時に、
ニキビ肌を一番に考えられたクレンジングです。

価格 1,440円
評価 評価5
備考 送料・支払い手数料無料
ORBIS クレンジングリキッドの総評

30日間の返品・交換保証付き!オルビス初回購入者は最大700円引き

 
 

DUO クレンジングバームの特徴

DUO(デュオ)クレンジングバームの魅力は
5つの機能がこれ一つに全て備わっているという事。

クレンジング・洗顔・トリートメント・角質ケア・マッサージ
全てまとめて出来るオールインワンクレンジングです。

「ニキビ対策にあまり時間をかけていられない」
そんな方には是非コチラがおススメです。

価格 3,780円
評価 評価5
備考 トライアルコース 1,890円 定期コース 2,780円
DUO クレンジングバームの総評

トライアルコース&定期コース共に1000円相当の特別特典プレゼント中!

 

「うるおいまで奪わない」クレンジングを目指そう!

そのために守りたいポイントは、以下のとおりです。
クレンジングの量はケチらないこと。
(ケチると肌に行き渡らせるのに時間がかかるだけでなく、肌をゴシゴシこすってしまいがちです。)
クレンジングは、Tゾーン・頬やあご・目元口元の順でやっていくこと。
何分もしつこくクレンジングしないこと。
(指の腹を使って、数十秒で素早く行き渡らせるようにしましょう。)
クレンジングだけでメイク汚れ落としをしっかりやろう、と意識しすぎないこと。
(メイク汚れが肌から浮きさえすれば、あとは洗顔料で落とせます。)
クレンジングのすすぎは、36〜38度程度のぬるま湯でやること。
(すすいだあとのべたつきが気になるかもしれませんが、これも洗顔料で落とせばいいことですので「べたつきを残さないように」と必死になるほうがダメです。) これらのポイントをしっかりと守ってクレンジングすれば、肌への負担はかなり軽減できるはずですよ。