ニキビ跡を作らないためのメイクの基本

ニキビができると気になってしまうことのひとつが
「メイクをどうすればいいか」ということ。

 

もちろん、休日で外出する予定もない場合であれば、「スキンケアだけをやって、メイクはしない」というのもアリなのですが、外に出るとなるとそうはいきませんからね。

 

できてしまったニキビを、ニキビ跡にしないためのメイクのポイントは「メイクによる肌刺激を最小限に抑えること」です。

 

化粧下地や日焼け止めは使わずに!

まず、ニキビができてしまった場所には、化粧下地や日焼け止めを使わないほうがいいでしょう
化粧下地や日焼け止めは「メイク時に使うのが当たり前」というイメージが強いので意外に思われるかもしれませんが、これらは肌への刺激が強い傾向があるのです

 

健康な状態の肌であれば問題ないレベルの刺激でも、ニキビができて過敏になっているところには、その刺激の影響が出てしまいやすいため、できれば避けたほうがいい、というわけですね。

 

また、化粧下地や日焼け止めには、「油分が多い」というものも多く、
この油分がアクネ菌のエサになってしまう可能性もありますよ。

 

ファンデーションはパウダーで!

メイクの基本となるファンデーションについても、気をつけなければいけない点があります。

 

それは、クリームファンデーションやリキッドファンデーションを使わない、ということ。
これらは油分が多いだけでなく「肌にすりこむ」という刺激もあり、
ニキビを悪化させてしまうリスクがきわめて高いのです。

 

刺激が少なく、しかも粉の粒子によるUVカット効果が高い、
パウダーファンデーションを使うのが正解ですよ。「下地や日焼け止めをつけていないニキビ部分はファンデがのらないのでは」と気になるかもしれませんが、その前のスキンケアで、しっかり保湿ができていれば、意外と下地等がなくてもちゃんと肌にのりますよ。

 

まずはニキビのない部分にパウダーファンデーションをつけてから、最後にニキビ部分につける、という順序を守りましょう。もし、先にニキビ部分にパウダーファンデーションをつけてしまうと、パフやスポンジにもアクネ菌がついてしまうため、それを顔全体に使うと、別のところにニキビを作ってしまう原因にもなりかねないので気をつけましょう。

 

パフ・スポンジは清潔に!

パウダーファンデーションをつける時に使うパフやスポンジは、通常時でも「清潔にしておく」ということが大切ですが、ニキビができている状態の時は、さらにこの点に気を使う必要があります。

 

もし、何日もパフやスポンジを洗わず使い続けていると、パフやスポンジについたアクネ菌が増殖してしまう可能性がきわめて高いです。「ファンデをつけながらアクネ菌を肌全体にぬりつける」という状態になってしまうんですよ。

 

そうした事態を招かないためにも、
「ニキビができている時は必ず、パフやスポンジを、1回使用するごとに洗う」ということを徹底しましょう。